wanko

ペットと泊まれる宿!ドッグラン、犬用温泉、プール付!?

 

ペットと泊まる宿
ペットと泊まれる宿には幾つか種類がありわんちゃんに向き不向きがあります。わんちゃんの性格に合った宿選びが必要です。最低限のルールを守り旅行を楽しんで下さいね。

 


 

愛犬にとって相性の良い宿を選ぼう!

ペンションタイプ
ペンションは動物好きのオーナーが多くペット向けの施設(ドッグラン、足洗い場、露天風呂など)が充実している事が多い。思いっきりペットと楽しみたいならペンションがお勧め!

①他のわんことケンカしない
②人見知りしないわんちゃん向け!

コテージタイプ
ペンションみたいにペット向けの施設は充実していないが、人見知りわんちゃんにとってこちらの方がリラックス出来るかも?家族や友達とど大人数ならこちらがお勧め!

①他の他のわんことケンカしちゃう!
②人見知りわんちゃん向け!

キャンプ場
アウトドアを楽しみたいならキャンプ場!キャンプ場はワンちゃん向けには出来ていない所もありますので要確認。

①他の他のわんことケンカしちゃう!、人見知りわんちゃん向け!
②アウトドアをワンちゃんにも体験させたい。

 

旅行サイトなら量、質共にやっぱり”じゃらん”


宿・ホテル予約ならじゃらんnet


 

●マナー
ケージに入れて
自宅では留守中も大丈夫!だからって旅行先ではちょっと違います。環境が変わりペット溜まります。留守番させることは、できるだけ避けてね。それでもやむを得ない時は備え付けのケージに入れて出かけるのが飼い主の責任です。
 

お部屋以外では必ずリードを着用
ペットOKの宿でも廊下やロビーなど、お部屋以外では必ずリードを着用がルールです。他のお客さん又はワンちゃんとトラブルになる場合がありますので必ずペットを放さないように。宿によっては要ケージのところもありますので注意!
 

他のお客さんを考えた行動を・・
布団、ベット、ソファーには上げないのがルール。他に利用するお客さんにとって布団にわんちゃんの毛がついていたら不衛生だし気持ち良いものではありませんよね。また、興奮したわんちゃんが客室の備品を壊さないように管理する事が飼い主の責任です。
 

注意:本ページ内の内容は実際とは異なる場合がございます。
ページ内容が実際と異なった場合の損害等は一切の責任を負いませんのでご了承下さい。




 

最新の記事一覧

ページ上部に